たまにはテイクアウトしよう♪ワイキキ周辺での外食におすすめの場所4つ教えます。

ロアくん
ロアくん
なあなあラナ、ハワイにはオシャレで可愛いステキなお店が多いよな!

ラナちゃん
ラナちゃん
そうね〜。
それに海外の接客は日本に比べて愛想がないなんて意見もあるけど、ハワイの優しいイメージそのままの気持ち良い対応のお店もたくさんあるよね。

ロアくん
ロアくん
そうそう。
だからお店の中で食事をしたくなるのが当たり前だと思うんだ。
・・・だけどさ!
お店の外で食べるご飯の素晴らしさも知ってもらいたいんだよな!

ラナちゃん
ラナちゃん
わかる〜!
せっかく非日常を楽しむためのハワイ旅行だもの。
普段なかなか味わえない場所でも食事してほしいよね!

ロアくん
ロアくん
だけどいざテイクアウトしてお店の外で食べようと思っても、旅先だからどこで食べたらいいのかわからない人も多いと思うんだ。

ラナちゃん
ラナちゃん
そうね。
じゃあ今回の記事で「ワイキキでテイクアウトして食べるおすすめの場所」をお伝えしていきましょう♪

ロアくん
ロアくん
OK!
そうこなくっちゃ!
それじゃ早速始めていこうぜ。

ハワイ旅行では食事のテイクアウトに挑戦すべし

ハワイのレストランやバーは、内装もオシャレで可愛いお店がたくさんあります。
冒頭のロアとラナの会話にもあったように、スタッフさんの対応も悪くなく、「外国特有の素っ気なさ」もあまり感じないことが多いと思います。

しかし、だからと言って旅行中に一回もお店の外で食べないのはもったいない!

ハワイ旅行をするならぜひテイクアウトに挑戦して欲しいと思います。
それくらい、お店の外で食べる食事は思い出深いものになると思いますよ。

ワイキキでテイクアウトにおすすめの場所

それではここからは「ワイキキでテイクアウトにおすすめの場所」を4つご紹介いたします。

できれば全部試していただきたいと思いますが、そこはご自身の旅行プランと相談して決めてくださいね。

なんといってもワイキキビーチは外せない

ハワイ旅行(オアフ島旅行)の象徴と言っても過言ではないのがワイキキビーチの存在ではないでしょうか。
「ハワイ」などの検索ワードを入力すると一番に表示されるのがワイキキビーチの画像だったりするのがその何よりの証拠です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

megumi nakamura(@megaloga)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

燁(@babyak0713)がシェアした投稿

ワイキキビーチでは泳いだり、日焼けしたり、昼寝したり、サーフィンしたりと各自思い思いのことをして楽しんでいます。

そして、テイクアウトしたものをこの自由なワイキキビーチで食べるのはハワイ旅行時のマストです。

ビーチの砂の上に座ることに抵抗があれば近くのコンビニ(ABC STORE)でレジャーシートを購入すれば問題なし。(1枚5ドル程度)
シートは一度購入すれば何度も使えますし、帰国時に持って帰れなければ宿泊しているホテルに寄付してもOK!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masa.K(@cloudy.heart_)がシェアした投稿

ひかる
ひかる
管理人は実際にホテルに進呈したことがあります!

ワイキキビーチで食べる食事は最高の一言。
青い空ときらめく海、心地よい風が頬を撫で、暑いながらも気持ち良い食事の時間となることでしょう。

ただし、ワイキキビーチで食事をする際には日差しの強さにだけは注意して!
ホテルからのお出かけ前に日焼け止めは塗っていると思いますが、水分補給もしっかり行うようにしてくださいね。

ロアくん
ロアくん
人気のアサイボウルやスムージーはフルーツのビタミンをいっぱい取れるから日焼け対策にもおすすめだよ!

ラナちゃん
ラナちゃん
薄手の長袖パーカーなんかを羽織ってるといいと思うな♪

カピオラニ公園でのんびり食事するのが最高

オアフ島のランドマークとも言えるダイヤモンドヘッド。
ワイキキから見てちょうど真東に位置する山のことです。

このダイヤモンドヘッドとワイキキの間にある広大な公園が「カピオラニ公園」です。

ここは周辺住民の憩いの場。
そしてスポーツやイベントなどに使われる場所でもあります。
早朝からヨガやジョギングをしている人も多く、旅行中チャンスがあれば参加して一緒に楽しんでみてもいいかもしれませんね。

ここは公園なのでベンチもありますし、岩場になっている場所、もしくは公園内の地べたに座ってもいいと思います。

緑いっぱいの公園と広がる青空、眼前にそびえ立つダイヤモンドヘッドを見ながら食べる食事は素晴らしく、最高の1日になること間違いなしです。

カピオラニ公園で食事した後はダイヤモンドヘッドへお散歩♪

食事の後はダイヤモンドヘッドを反時計回りに進み、海を右手に見ながら登山してみてもいいかも!?

帰りはそのまま反時計回りに進んで、有名な「Pioneer Saloon」や「Diamond Head Market & Grill」などがあるモンサラット通りを通って帰ってきてもいいですね。

ロアくん
ロアくん
このコースだと少し歩くことになるから、足元はスニーカーやランニングシューズなんかがいいと思うよ。

ラナちゃん
ラナちゃん
ダイヤモンドヘッド登山の後に疲れていたらトロリーバスでワイキキまで戻りましょうね。

ロアくん
ロアくん
ちなみにダイヤモンドヘッド登山の途中で食べるような場所は無いから気をつけてくれ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kako♡⃛(@9kako)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@moonincafeがシェアした投稿

ホテルのラナイ(ベランダ)で食べる食事はとっても気楽

テイクアウトしたものを自分が泊まっているホテルまで持ち帰って食べるのもおすすめです。

その場合はホテル室内でもいいですが、外へ出られるならラナイ(ベランダ)へ出て風景を眺めながらいただきましょう。

宿泊するホテルにもよりますが、ワイキキではオーシャンビューのホテルも多いですよね。
もし自分の泊まるお部屋からワイキキの海が見えるなら、ラナイでの食事は旅行中絶対にやってほしいです。

この場合、必要に応じてビールやワインなども購入し、優雅な気分で食事に臨むのがいいですね。
(アルコールはコンビニで購入しておきましょう)

高層階のベランダからワイキキの海を見ながら食べる食事は、きっとこの先ハワイリピーターになるきっかけになる素晴らしい思い出になりますよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🍑(@apeach330)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

manami(@maaaaa0416)がシェアした投稿

ホテルのプールサイドでセレブ気分を味わおう

ホテルのラナイでの食事を体験したら、次はプールサイドで食事をを味わうというのはどうでしょう?

プールがあるかどうかは宿泊するホテルによりますが、ビーチチェアとサイドテーブルに陣取って優雅に過ごすのは、まさに優雅なセレブ気分ですね。

可能であればおしゃれなカクテルを注文して、「南の島のリゾートにいる自分」でインスタ映え写真をアップしちゃいましょう。

なお、プールサイドに飲食物を持ち込めるかどうかは事前に確認しておきましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akane Yoshida 吉田茜(@akane_yoshida)がシェアした投稿

テイクアウトとトゥゴーの違いは?

ここで「テイクアウト」と「トゥゴー」の違いついて触れておきます。

日本でのお持ち帰りはテイクアウトと伝えるのが一般的ですが、ハワイではトゥゴー(To go)というのが一般的
ただ、どちらも飲食物のお持ち帰りという意味では同じです。

この言葉の違いは持って帰る「モノ」なのか、持って帰るという「動き」なのかの違いです。

・・・と、ここであまり細かい例を出して説明すると非常に長くなり、ややこしくなるので割愛します。

ハワイ旅行中、基本的には「トゥゴー」を使うといいでしょう。

ロアくん
ロアくん
とは言っても「テイクアウト」でも大体通じるけどな!

ラナちゃん
ラナちゃん
逆に食べて帰るのは「フォーヒア(For here)」と言います。
お持ち帰りも食べて帰るのもできるお店は「For here (or)to go?」なんて聞かれたりしますよ。

ロアくん
ロアくん
この場合は「For here(または、To go)」とひと言で返事すればいいよ。

ラナちゃん
ラナちゃん
慣れないと口が勝手に「テイクアウト」と言いそうになるけど、せっかくなので「トゥゴー」を使ってみてね♪

食べ残しを持って帰る際の強い味方「ドギーバッグ」

せっかくなので、お持ち帰りについての番外編を。

ハワイ(アメリカ)には、「ドギーバッグ」というものがあるのはご存知でしょうか?
これはもともと店内で食べる予定だったけど、量が多すぎて食べきれないときに残りを持って帰る場合に使うものです。

ドギーバッグは「Doggy bag」の言葉の通り、「犬のカバン、入れ物」という意味。
人間が食べていた料理を犬用のカバンに入れるなんて・・・と思われるかもしれません。

実はこれ、

「食べきれないからといって残すのは恥ずかしい。
だから持って帰りたい。
けど、持って帰ってあとで食べるって思われるのも恥ずかしい!
よし、犬に食べさせるために持って帰ることにしよう。」

という意味から、ドギーバッグという名称になっているんです。

実際には食べきれないから残すことや、持って帰ったら自分で食べるのはみんな知ってます。
知ってますが、あえてその言いわけに乗って知らないフリをしよう、という暗黙の了解なんですね。

これは旅行で訪れた観光客でも同じように使えるもの。
特に初めてのハワイ旅行の場合など、レストランで食べるメニューのボリュームがわからず残してしまうケースは多いと思います。

もう食べきれない!と思ったら、スタッフさんに遠慮なくドギーバッグをお願いしてみましょう。

ロアくん
ロアくん
ちなみに、最近はドギーバッグと言わず「コンテナボックス(Container Box)」なんていう場合もあるよ!

ロアくん
ロアくん
もちろんドギーバッグでも通じるからどっちでもOKです!

ハワイ旅行中はテイクアウトで新しい楽しみ方を

ラナちゃん
ラナちゃん
今回はテイクアウトして食べるおすすめの場所についてご説明いたしました。

ロアくん
ロアくん
ワイキキ周辺ではこの4つの場所がいい感じだよ。

  • ワイキキビーチ
  • カピオラニ公園
  • ホテルのラナイ(ベランダ)
  • ホテルのプールサイド
ラナちゃん
ラナちゃん
ビーチならレジャーシート(ゴザ)をお忘れなく♪

ロアくん
ロアくん
プールサイドは飲食物の持ち込みができるか確認しておいたほうがいいかも!

ラナちゃん
ラナちゃん
また、店内で食べていたけど食べきれない場合は「ドギーバッグ」の利用を検討してください。

ロアくん
ロアくん
ハワイの料理はボリューム大だから食べきれなくて当然!
遠慮せず、恥ずかしがらず、「ドギーバッグ プリーズ」とスタッフさんに伝えてみてね!

ラナちゃん
ラナちゃん
あとこのコラムではテイクアウトで統一しましたが、現地では「トゥゴー(To go)」が普通です。
日本で生活してるとあまり耳にしないので初めは戸惑うと思いますが、慌てずに対応してくださいね。

ロアくん
ロアくん
といっても、テイクアウトでも通じることがほとんどだから安心してよ!

ラナちゃん
ラナちゃん
それでは、今回のお話はこれにて終了いたします!

ロアくん
ロアくん
店内で食べるのもいいけど、次のハワイ旅行ではぜひビーチや公園、ホテルでの「外食」も楽しんでね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@aoi.369_369がシェアした投稿

ステーキのプレートランチ4種類
圧倒的コスパ自慢!ステーキシャックでお得にステーキを食べよう!ステーキシャックはワイキキで10ドル前後で美味しいステーキが食べられるステーキプレートの専門店。 メニューは全部で6種類とシンプルながら、高級ステーキ店にも劣らない味と専用ボックスで提供されるラフさがウリ。 とってもカジュアルなお店なので、家族や仲良しの友達、恋人など気の置けない関係の人と訪れるのにぴったりのお店ですよ。 ...
パンケーキと山盛り生クリーム
Eggs 'n Things(ワイキキビーチ エグスプレス店)でオーシャンビューとパンケーキを満喫しよう!日本でもお馴染みの『Eggs 'n Things(エッグスンシングス)』。 みなさんも一度はあの黄色い看板を目にしたことがあるのではな...
ハンバーガー
フードコートがお気楽でGOOD♪安くて美味しいマハロハバーガーで大満足間違いなし!マハロハバーガーはハワイのグルメアワードである「BEST BURGUER 2012」を受賞している実力派のハンバーガーショップ。 ロイヤルハワイアンセンターのフードコート「パイラ・ラナイ」はハワイ旅行中おそらく一度は立ち寄るはず。 美味しそうなお店がたくさんあるので迷うと思いますが、そんな時はマハロハバーガーをぜひ選択肢に加えてください♪ フードコートらしくお値段も控えめで、もちろんチップも必要なし。 食べる場所はフードコート内でもいいけど、せっかくならホテルのテラスやワイキキビーチなど、自分の好きな場所で食べてみてください。 きっと満足できる食事になりますよ♪...
パスタ ランチ
スイーツだけじゃない!おいしいランチ&ディナーならチーズケーキファクトリーへ!お得な利用方法も♪チーズケーキファクトリーはリーズナブルなお値段でお腹いっぱい美味しいパスタやケーキが食べられるお店。 いろいろな楽しみ方ができる使い勝手のいいレストランですから、初めてハワイに行く人にもおすすめです。 行列必至の人気店なので、待ち時間を覚悟するか、混み合う時間帯をさけて17時前後に訪れ、楽しいひと時が過ごせるように工夫しましょう♪...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。