※COVID-19(新型コロナウイルス)に関するハワイ州観光局よりのお知らせ

2020年11月6日、ハワイ州への渡航が可能になりました。
ただし、事前に検査を受ける等の準備が必要になります。

詳しい情報は「ハワイ州観光局 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(11月6日以降ハワイ渡航者に向けてのご案内)」をご確認ください。(クリックでハワイ州観光局のサイトへ移動します)

ワイキキ東エリア

こんなお寿司もアリ!?賞を獲る実力のサンセイシーフードレストラン&スシバーで創作お寿司を楽しもう!

普段の生活でお寿司を食べる機会は多々あると思います。
もちろん高級なお寿司をよく食べるという人は少ないかもしれませんが、回転寿司屋さんに2度3度と行ったことのある人は多いでしょう。

日本の企業、日系移民の多いハワイにも回転寿司屋さんはあるのですが、今回ご紹介する「Sansei Seafood Restaurant & Sushi Bar(以下、サンセイシーフード&スシバー)」は回転寿司ではなく、カウンターやテーブルで注文するタイプのお寿司を中心にしたシーフードレストラン。

ここでは今まで思いもしなかった変わったお寿司を食べることができるんです。

普段と違うお料理を食べたい、SNSにアップしたいという方は必見ですよ。

この記事では、

  • サンセイシーフード&スシバーの料理について
  • サンセイシーフード&スシバーのハッピーアワー利用時に注意すること

について書かれています。

※この記事は2020年2月に書かれました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Joy Glenwright(@funlovingjoy)がシェアした投稿

公式サイトから英語で予約する!

サンセイシーフード&スシバーはハレアイナ賞獲得の実力を持つシーフードレストラン

サンセイシーフード&スシバーは、その名の通りお寿司を提供するシーフードレストラン。

また、お寿司やシーフードメニューだけではなく、デザートやお野菜を使った一品料理、アルコールメニューもしっかり用意されています。

その実力は折り紙付きで、ハワイのグルメアワードである「ハレアイナ賞」を獲得するほど。
メニューのラインナップには賞(アワード)を獲得したメニューもあり、一般の方でもオーダーすることができるようになっています。

店名の「サンセイ」という言葉は聞き慣れないと思いますが、これはお店のオーナーシェフのデイブ・コダマ氏が日系三世であるところから取られています。

ラナちゃん
ラナちゃん
本店はマウイ島にありますが、今回はもちろんワイキキ店の紹介ですよ♪

ロアくん
ロアくん
メインがお寿司ということで日本酒も用意されているみたいだよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kimberly Andersson(@lillakim)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Greg Gabaon(@greggabaon)がシェアした投稿

サンセイシーフード&スシバーへのアクセス

サンセイシーフード&スシバーはワイキキの東エリアにある「ワイキキビーチマリオット リゾート&スパ」の3階にあります。

ラナちゃん
ラナちゃん
同ホテル内にはクヒオビーチグリルd.kステーキハウスがありますよ。

野菜が乗ったワンプレート料理
クヒオビーチグリルでコスパ抜群のホテル飯!月曜〜木曜はビュッフェを半額でどうぞ♪クヒオビーチグリルは「ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ」の2階にあるビュッフェがメインのレストラン&バー。 ウイスキーやバーボンの種類はワイキキでも指折りで、他のお店では取り扱っていないような小さな醸造所のウイスキーを飲むこともできますよ。 ハッピーアワーでは、なんとビュッフェが半額で食べられるのが最大のウリです。...
ステーキと付け合せの野菜
d.kステーキハウスで格安!美味しい!熟成肉のステーキ♪人気メニューやドレスコードもd.kステーキハウスは落ち着いた雰囲気の店内で肩ひじ張らずに美味しいステーキが食べられるレストラン。 高級牛肉を使用しているにもかかわらず、比較的リーズナブルなお値段で食事ができるのも嬉しいポイントです。 キッズメニューも豊富でプライベートな空間のボックス席があるので、子連れのハワイ旅にも向いていますよ。...

窓際席からはワイキキビーチに沈む太陽も見られる

サンセイシーフード&スシバーはビーチ側にあるため、店内の窓からはワイキキビーチが見られます。

当然、サンセットタイムにはビーチに沈む夕日もバッチリ見ることができますよ。

南国のビーチに沈む太陽を眺めながらお寿司を食べるというのもなんだかオツですね!

ラナちゃん
ラナちゃん
意外とできない体験かもしれないね♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

patty 🕉(@fullofzen)がシェアした投稿

店内はいつも大混雑の人気店!

サンセイシーフード&スシバーは地元の人だけでなく、観光旅行に訪れた人にも大人気。
ランチタイム・ディナータイムを問わず、いつ行っても大混雑しているんです。
訪問する時間には余裕をもって行く方がいいでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kiera Malmquist(@holisticvibesonly)がシェアした投稿

どうしても狙った時間に入店したいのであれば、予約をしてからいく方がいいですね。

サンセイシーフード&スシバーの予約については現在、公式サイトからのみ受け付けています。
(英語のサイトです)

公式サイトから英語で予約する!

英語といっても簡単な内容ですが、心配であれば宿泊しているホテルのコンシェルジュに、不在の場合はホテルのスタッフに依頼して予約してもらってもいいと思いますよ。

ラナちゃん
ラナちゃん
詳しくは「これでバッチリ!ハワイのレストランを予約する4つの方法をご紹介!」という記事を参考にしてみてくださいね。

レストランの窓際席に一人でいる女性
これでバッチリ!ハワイのレストランを予約する4つの方法をご紹介!ハワイのレストランを利用する際に忘れてはいけないのがお店の予約。 日本で普段離礁しているはずなのに、海外旅行だとつい億劫になりがちです。 それはきっと予約の種類や手順がわからないから。 この記事では今度のハワイ旅行で絶対に行きたいお店の予約を取る方法について解説いたします。...

サンセイシーフード&スシバーのスタッフさんはサービス良し

いつも混雑している忙しいお店ですが、スタッフさんのサービスは上々
忙しい中でも料理の確認やテーブルの様子を見に来てくれます。

良いサービスを受けたらチップも弾みたいところですね。

TIPと書かれた小瓶
ハワイのレストランでのチップがよくわからない!?いつ?いくら払うの?渡し方は?全て解決!海外旅行の時に悩むことの1つがチップの存在。 いつ?どうやって?いくら渡すの?など、疑問に思うことっていくらでもあるんじゃないでしょうか。 この記事ではハワイ旅行中のチップについて、全くの知識ゼロの方でもわかるように解説しています。 旅行前や旅行中の助けになれば嬉しいです。...

日本人スタッフ在籍+日本語メニューあり

サンセイシーフード&スシバーはお寿司中心のお店。
だからというわけではないかも知れませんが、店内には日本人の料理人さんが常駐しています。

外国のお店のカウンター席に座って目の前に日本人がいるって、なんだか安心しますよね。

また、メニューも日本語ものが置かれています。
英語をそのまま訳している日本語の場合もありわかりづらいかも知れませんが、それでも英語がわからない方にとっては嬉しいサービスですね。

ロアくん
ロアくん
もちろん、気になるけどよくわからないメニューはスタッフさんに直接質問してみよう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

サンセイシーフード&スシバーにドレスコードは無し

サンセイシーフード&スシバーはホテル内のお店ですが、堅苦しいドレスコードはありません。
ラフでカジュアルな格好でOKです。

賞を獲得するようなお店に気楽に訪問できるのが嬉しいですね。

ラナちゃん
ラナちゃん
このお店だけじゃないですが、店内は冷えるのであまり薄着でいない方がいいですよ。

金曜の夜はカラオケOKのお店

なんと、サンセイシーフード&スシバーではカラオケが配備されているんです。

カラオケを使えるのは金曜日の夜だけですが、もしそのタイミングで訪問できれば・・・
自慢の歌声を響かせて、店内のみんなで盛り上がるのも面白いかも知れませんね。

土曜日はDJや地元のミュージシャンのショーもあります。
金曜日・土曜日は音楽とお寿司のコラボレーションをたのしむのもいいですね。

ロアくん
ロアくん
ちなみにカラオケは和製英語!
「空(カラ)オーケストラ」の略なんだ。

ラナちゃん
ラナちゃん
外国でもそのまま「KARAOKE」って言われているんだね♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trevor Havens(@genkraid)がシェアした投稿

日本で食べるお寿司とは全く違う「新しい料理」を楽しむべし!

サンセイシーフード&スシバーはお寿司が食べられるお店ですが、今まで食べてきた日本の「お寿司」をイメージしていると、そのギャップにやられるかもしれません。

といってももちろん、いわゆる「普通の」巻き寿司やにぎり寿司もありますのでご安心を。

ただここでは普段日本ではなかなか食べることができない「創作お寿司料理」をおすすめしていきます。

例えば「ハワイアンロール(Hawaiian Roll:10.25ドル)」は、

  • アボカド
  • マグロ
  • きゅうり

を一緒に巻き、そのうえにアラレとバジルソースがかかったもの。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Greg Gabaon(@greggabaon)がシェアした投稿

他には見た目にも楽しい「レインボーロール(Rainbow Roll:13.95ドル)」

  • まぐろ
  • サーモン
  • アボカド

を彩りよく使った巻き寿司です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@coconut_pancakeがシェアした投稿

賞を受賞したのは「アヒ刺身ロール(Panko-Crusted Fresh Ahi Sashimi:13.25ドル)」という巻き寿司で、

  • アヒ(ハワイ産のマグロ)
  • ルッコラ
  • ほうれん草

をパン粉をまぶしてサッと揚げたものに、醤油+わさび+バターソースを絡めたものです。

これは摩訶不思議な味ですが、わさびがピリッと効いてて後を引く味なんですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

他にも数え切れないほどたくさんのメニューがありますので、詳しくは公式サイトのメニューページをチェックしてください!

ラナちゃん
ラナちゃん
ここでは巻き寿司とにぎり寿司の一部を日本語付きで載せておきますね。

にぎり寿司

  • まぐろ(Tuna/Maguro:時価)
  • はまち(Yellowtail/Hamachi:8.25ドル)
  • サーモン(Salmon:7.95ドル)
  • しめさば(Mackerel/Shime Saba:6.5ドル)
  • かに(Crab/Kani:8.95ドル)
  • 甘海老(Sweet Shrimp/Ama Ebi:10.95ドル)
  • いくら(Salmon Roe/Ikura:7.5ドル)
  • たまご(Egg/Tamago:3.75ドル)
  • サンセットフラワー寿司(Sunset Fliwer Sushi:13.95ドル)
  • アラスカンフラワー寿司(Alasukan Flower Sushi:12.95ドル)
  • イッセイ寿司コンボ(Issei Sushi Combo:19.95ドル)
  • ニセイ寿司コンボ(Nissei Sushi Combo:25.95ドル)
    ほか
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Eric Vossbrink(@eric_vossbrink)がシェアした投稿

特製ロール寿司

  • カリフォルニアロール(Callfornia Roll:6.95ドル)
  • スパイシーはまちロール(Spicy Hamachi Roll:7.95ドル)
  • ハワイアンロール(Hawaiian Roll:10.25ドル)
  • サンセイマンゴークラブサラダハンドロール(Sansei’s Mango Crab Salad Handroll:10.25ドル)
  • スパイダーロール(Spider Roll:13.95ドル)
  • 焼き巻き寿司ロール(Yaki-Maki Sushi Roll:15.25ドル)
  • イエローサブマリンロール(Yellow Submarine Roll:8.5ドル)
  • サーモンスキンロール(Salmon Skin Roll:7.25ドル)
  • ピンクキャデラックロール(Pink Cadillac Roll:8.95ドル)
    ほか
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Irene(@im_irene_s2)がシェアした投稿

ロアくん
ロアくん
「ピンクキャデラックロール」とか、名前だけ聞いても想像できないな!

ラナちゃん
ラナちゃん
「かっぱ巻き」「納豆巻き」といったベーシックな巻寿司もあるから安心してね!

お寿司以外のメニューも多数アリ

サンセイシーフード&スシバーはお寿司屋さんではなく、お寿司がメインのシーフードレストランです。
当然、お寿司以外のメニューも多数揃っています。

中でも人気があるのはお刺身とラーメン

お刺身は寿司ネタにもなりますから鮮度抜群で身が引き締まったものが多く、サイズも大ぶりです。

こちらはお酒(特に日本酒)のツマミとしても最適ではないでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

ラーメンはカニの出汁が存分に染み出した「DK’s トリュフ風味クラブラーメン(DK’s Crab Ramen:17.25ドル)」が有名で、こちらも賞を受賞したメニューとなっています。

お酒のしめの一品として、または小腹が空いた時の食事として最適ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

その他のメニューもどれも盛り付け・味の楽しい創作料理です。
目も舌も満足すること間違いなしですよ♪

ラナちゃん
ラナちゃん
お寿司以外のメニューの一部も日本語付きで紹介するよ!

前菜

  • えだまめ(Edamame:3.95ドル)
  • タコの塩辛(Tako Shiokara:5.25ドル)
  • はまち&グリル椎茸のタルタル(Hamachi & Grilled Shiitake Tartare:15.25ドル)
  • アヒカルパッチョ(Fresh Hawaiian Ahi Carpaccio:14.95ドル)
  • チャイニーズスタイル刺身(Sizzling Chinese Style Sashimi:11.95ドル)
  • 味噌バターフィッシュ(Matsuhisa Style Miso Butterfish:17.25ドル)
  • 味噌ガーリックブラウン(Broiled Miso Garlic Prawns:11.95ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Greg Gabaon(@greggabaon)がシェアした投稿

スープ・サラダ・麺類

  • ナログリーンサラダ(Nalo Greens Salad:7.25ドル)
  • クラシックシーザーサラダ(Classix Caesar Salad:9ドル)
  • シアードアヒサラダ(Seared Ahi Salad:15.95ドル)
  • 味噌スープ(Miso Soup:3ドル)
  • 醤油ラーメン(Soy Ramen Noodles:12.25ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Poshie–follow Me!!!(@poshiefoodieandmore)がシェアした投稿

天ぷら

  • シュリンプ天ぷら(Shrimp Tempra:12.25ドル)
  • スイートオニオンリングの天ぷら(Sweet Onion Tempura Rings:6.25ドル)
  • スイートポテトの天ぷら(Sweet Potato Tempura:5.25ドル)
  • アスパラガスの天ぷら(Asparagus Tempura Spears:5.25ドル)
  • ベジタブル天ぷら(Mixed Vegetable Tempura:11.25ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

主菜

  • グリルド “キャッチオブザデー” &グリーンズ(”Catch of the Day” over Nalo Greens:時価)
  • サンセイシーフードパスタ(Sansei’s Seafood Pasta:26.95ドル)
  • サンセイ ベジタブル パスタ (Sansei’s Vegetable Pasta:16.50ドル)
  • シュリンプ&ベジタブル天ぷら(Shrimp & Vegetable Tempura:23.95ドル)
  • チリ ポルチーニ ビーフテンダーロイン(Chili-Porcini Crusted Filet of Beef Tenderloin:30.95ドル)
  • 七味フィレビーフ&うどん(Shichimi-Crusted Filet of Beef & Udon Noodles:28.95ドル)
  • グリルド アヒ&受賞シュリンプケーキ(Grilled Ahi & Shrimp Cake:30.95ドル)
  • グリルド ポークチョップ(Grilled Pork Chop:23.95ドル)
  • ロブスターテイル(Cold Water Lobster Tail:28.95ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Eric Faivre(@ericfaivre)がシェアした投稿

サンセイシーフード&スシバーはキッズメニューもあります!

『回転寿司じゃないお寿司』というと大人の食べ物のイメージがありますが、サンセイシーフード&スシバーには子ども用のメニューもしっかり用意されています。

ここではキッズメニューをご紹介いたします。
参考にしてくださいね。

Keiki Menu

  • カリカリにしたチキンの胸肉(Crispy Chicken Breast Strips:8.95ドル)
  • 子ども忍者のお寿司コンボ(Little Ninja’s Shihi Combo:8.95ドル)
  • 天使の髪のパスタ(Angel Hair Pasta:8.95ドル)
  • 味噌焼きチキン(Grilled Miso Yaki Chicken Strips:8.95ドル)
  • カルビステーキ(Kalbi Steak Strips:9.95ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jean Berkley(@hamach17)がシェアした投稿

SNSに『映える』巨大なマカデミアナッツアイスも食べてみよう♪

せっかくハワイのレストランに行ったのだから、インスタなどのSNSに映えるお料理もオーダーしたいところ。

サンセイシーフード&スシバーのメニューはどれもある意味「映えるメニュー」と言えますが、その中でもイチオシはアイスクリーム。

特に一度は見ていただきたいのが「マカダミアナッツアイスの天ぷら(Tempra Fried Macadamia Nut Ice Cream:9.25ドル)」です。

巨大なマカダミアナッツアイスがお皿の上にどどーんと乗せられて登場するこのアイス。

見た目も食べ応えもバッチリです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

もちろん見た目やボリュームだけのものではなく、味もしっかりしています。

滑らかな口当たりのアイスクリームと炒ったマカダミアナッツの食感。
分厚い天ぷらの皮に挟まれて、これだけでお腹一杯になる要素満載です!

それでも注文せずにはいられないこちらのアイス。
メインを食べ残してでも写真に収めてSNSにアップしたいですね♪

ロアくん
ロアくん
その他のデザートメニューは以下の通りとなっています。

デザート

  • マカダミアナッツアイスの天ぷら(Tempra Fried Macadamia Nut Ice Cream:9.25ドル)
  • コダマ母さんのブラウニーサンデー(Mom KODAMA’s Brownie Sundae:8ドル)
  • クラシッククリームブリュレ(Classic Creame Brulee:7ドル)
  • ハワイ産ラパーツアイスクリーム(Hawaii-Made Lappert’s Ice Cream:6ドル)
  • 季節のフルーツシャーベット(Fresh Seasonal Fruit Sorbet:5ドル)
  • サンセイ【グラニースミス】アップルタルト(Sansei’s ”granny Smith” Apple Tart:9.25ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vernelle & Ron(@mcelfresh)がシェアした投稿

公式サイトから英語で予約する!

サンセイシーフード&スシバーのハッピーアワーは驚きの50%オフ!

サンセイシーフード&スシバーにもハッピーアワーが設定されています。

ハワイにある多くのお店で実施されているハッピーアワーはどれもお得ですが、こちらのお店の内容は他のお店に負けていません。

なんとお料理が50%オフ、つまり半額になるハッピーアワーなんです!

これは相当お得ですよね。

ハワイのレストランの価格はどこもそれなりの金額になりますので、50%オフになるのはすごいことです。

ただし条件があります。

ハッピーアワーは毎日PM 17:15 〜 PM 18:00の間に実施されていますが、半額になるのは日曜日と月曜日の実施時間中のみ。

それ以外の火曜日〜土曜日は25%オフになるので間違えないようにしましょう。
(それでも十分お得ですが)

また、対象外のお料理や飲み物は半額になりません。
店内全てのメニューが半額になるわけではありませんので、お得だからといってアレもコレも注文しすぎないようにお気をつけくださいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Toan Hinh(@toanhinh)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ngan Trinh(@nganifer)がシェアした投稿

ハッピーアワーは大行列ができているので早めに行こう

ハッピーアワーについては公式サイトにも書かれておらず、知っている人は少ない感じ・・・なのですが、常連さんやファンの方には「常識」らしく、時間前には大行列になっていることも多いのだとか。

中には40分以上も早く訪れたのにもかかわらず、行列の最後尾に並ぶことになったという人もいるのだとか。
時間にはかなり余裕を持って訪問する方がいいと思います。

また1〜2人といった少数の場合、テーブル席よりカウンター席の利用がおすすめ
なぜならテーブル席より少し早く席に案内してくれるからです。

といってもカウンターは10席ほどしかないので、やはり早めに訪れるに越したことはありません。

ロアくん
ロアくん
カウンターはオープン15分前に案内してくれるんだ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

レイトハッピーアワーも開催

サンセイシーフード&スシバーのハッピーアワーはオープン直後だけでなく、閉店前の時間にも実施されています。

通常のハッピーアワーを「アーリーバード(Ealy Bird)ハッピーアワー」と呼ぶのに対し、閉店前の遅い時間は「レイト(Late)ハッピーアワー」と呼びます。

ただし開催は毎日ではなく金曜日と土曜日のみ
この2日間はPM 22時 〜 AM 1時の間もハッピーアワーとなります。

ロアくん
ロアくん
どこかで食事やお酒を飲んできての2件目で利用できたらいい感じだね。

ラナちゃん
ラナちゃん
アーリーにしろレイトにしろ、ハッピーアワーのラストオーダーは基本的に知らせてくれないので注意してくださいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mariam Zara(@thewordisyes)がシェアした投稿

「一流の職人による握り寿司」を期待していくと失敗かも!?

既に解説してきた通り、サンセイシーフード&スシバーはお寿司屋さんというよりお寿司が中心のシーフードレストランです。

ですから「一流の職人が握った純和風のお寿司が食べたい」という期待を持って入店すると失敗するかもしれません。

いわゆる『江戸前寿司』のイメージを一度脇へ置いておきましょう。

「ハワイの創作寿司料理」のつもりで行くべし!

よってここでは「ハワイで食べる創作料理」、「創作寿司レストラン」という考えを持って訪問しましょう。

味ついては賞を獲得するほどの実力ですから心配入りません。

  • 和を連想させる店内の雰囲気
  • お米や生魚
  • 日本語対応あり
  • 日本酒常備

こういったものをハワイでいただけることを楽しみにして、お店へ訪問するようにしてくださいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Greg Gabaon(@greggabaon)がシェアした投稿

サンセイシーフード&スシバーのまとめとお店情報

サンセイシーフード&スシバーはお寿司を中心にしたシーフードレストランです。
その実力はハワイのグルメアワードを獲得するほどで、味についてとても期待できるでしょう。

ホテル内にありますがドレスコードの心配もなく、カジュアルな雰囲気でお料理やお酒が楽しめます。

通常のお料理はどれもそこそこのお値段ですが、ハッピーアワーの時は半額になるのが最大のウリです。

ただし、半額だからといって注文しすぎると食べ切れない量のお料理が並ぶことになりますから、オーダーするときはよく考えて行うようにしてくださいね。

週末はカラオケやDJによるイベントもあり、夕方にはビーチに沈むサンセットも見ることができるサンセイシーフード&スシバー。

お子様も連れて、ぜひ一度利用してみてくださいね。

ロアくん
ロアくん
ただしオープン直後は行列になっているから覚悟してね!

ラナちゃん
ラナちゃん
しっかり予約していくのがおすすめだよ♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sansei Seafood Restaurant(@sansei.hawaii)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Graphix310(@graphix310)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Greg Gabaon(@greggabaon)がシェアした投稿

お店情報

Address : 2552 Kalakaua Avenue 3rd Floor Honolulu, HI 96815

Tel : +1 808-931-6286
Open : 17 : 00 pm ~ 22 : 00 pm(日曜日~木曜日)、 17 : 00 pm ~ 1 : 00 am(金曜日~土曜日)
Close : なし
HP : https://sanseihawaii.com/waikiki/
(この記事のアイキャッチ画像は公式サイトより引用)
Instagram : https://www.instagram.com/sansei.hawaii

公式サイトから英語で予約する!

ABOUT ME
ひかる
ひかる
ハワイが好きで、自分で情報サイトを作ることにしました! Instagramを中心に、お店の情報をまとめています♪ お問い合わせはこちらからどうぞ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。