※COVID-19(新型コロナウイルス)に関するハワイ州観光局よりのお知らせ

2020年11月6日、ハワイ州への渡航が可能になりました。
ただし、事前に検査を受ける等の準備が必要になります。

詳しい情報は「ハワイ州観光局 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(11月6日以降ハワイ渡航者に向けてのご案内)」をご確認ください。(クリックでハワイ州観光局のサイトへ移動します)

ワイキキ西エリア

日本人は行かない?ビーチサイドの「ハレコア・ベアフットバー」でいつもと違うハワイの時間をどうぞ♪

  • せっかくワイキキに来たんだから、日本人が行かない穴場のバーに行ってみたい!
  • ハワイの海の間近でお酒が飲みたい!

・・・というハワイ旅行の予定を立てている人も多いはず。

今回の記事ではそんな希望が叶えられる「Hale Koa Barefoot Beach Bar(以下、ベアフットバー)」をご紹介いたします。

普段のイメージと違うハワイを感じたい方必見です!

※この記事は2019年7月に書かれました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Micah Maps Stockamさん(@micahstockam)がシェアした投稿

ベアフットバーは穴場のビーチサイドバー

ベアフットバーは普段イメージするワイキキの喧噪から離れた場所にある穴場のバーです。

お店はビーチサイドで、ワイキキで一番海に近いバーだと思われます。

ちなみに「ベアフット」とは「裸足」という意味。
ビーチサイドにあるからこそ、裸足でも入れるということなのでしょうね。

ロアくん
ロアくん
本当に裸足で行ってもいいよ!

ラナちゃん
ラナちゃん
水着で行くなら羽織るものは持っていこうね!

※ワイキキの東のはずれに「ベアフット ビーチカフェ」という軽食店がありますが、今回のベアフットバーとは全く別のお店ですのでご注意ください。

ベアフットバーへのアクセス

ベアフットバーはワイキキアーミーミュージアムがある「フォートデルッシーパーク」という公園と、有名な超大型ホテル「ヒルトンハワイアンビレッジ」のちょうど間にあります。

ヒルトンからは徒歩5分圏内ですから、こちらに宿泊している方なら気軽に利用することができますね。

ヒルトン以外でも、トランプタワー等のワイキキ中心部からでもアクセスは簡単
公園のお散歩をするついでにふらっと立ち寄りたいバーなんです。

ロアくん
ロアくん
ヒルトンのTropics Bar & Grillから海沿いを歩けばすぐだよ!

フィッシュ&チップス
朝から晩まで大人も子ども大満足♪ヒルトンのトロピックスバー&グリルで気楽に美味しい時間を過ごそう!トロピックスバー&グリルはヒルトンハワイアンビレッジ内にあるオシャンビューのレストラン。 営業時間は朝から晩までととても長く、思いついた時にいつでもいけるのが魅力の一つです。 店内では毎日ライブ演奏がされており、優雅なハワイアンタイムを過ごすことができるでしょう。 大人から子どもが朝から晩まで楽しめるトロピックスバー&グリルで、美味しくて楽しい時間を過ごしましょう。...
ラナちゃん
ラナちゃん
Steak Shack Hawaiiで食べ物を調達して持ち込んでもいいよね!

ステーキのプレートランチ4種類
圧倒的コスパ自慢!ステーキシャックでお得にステーキを食べよう!ステーキシャックはワイキキで10ドル前後で美味しいステーキが食べられるステーキプレートの専門店。 メニューは全部で6種類とシンプルながら、高級ステーキ店にも劣らない味と専用ボックスで提供されるラフさがウリ。 とってもカジュアルなお店なので、家族や仲良しの友達、恋人など気の置けない関係の人と訪れるのにぴったりのお店ですよ。 ...

ハレコアホテルは軍と政府関係者のためのホテル

ベアフットバーがあるハレコアホテルですが、実は一般客は宿泊できない特別なホテル。

ここはアメリカ軍と政府役人の関係者(家族など)だけが泊まれる保養施設のようなホテルなんですよ。
なので旅行雑誌やサイトには情報が載っていません。

ハレコアホテルはそういったバックグラウンドがあるおかげでセキュリティは万全
宿泊客は皆チェックを受けていますし、敷地内(ベアフットバー含む)をうろうろしていると巡回しているガードマンに声をかけられます。
(場合によってはIDの提示を求められます)

つまり変な客がいないというわけです。
こういった部分は逆に安心感がありますよね。

ホテル内の施設は基本的に宿泊客しか利用できませんが、ベアフットバーは一般客もOKです。

ラナちゃん
ラナちゃん
女の子だけで行っても安心できるよね。

ロアくん
ロアくん
だからと言って全員が安心ということじゃないから気をつけてな!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Scott Demelloさん(@scott_demello)がシェアした投稿

ベアフットバーはワイキキ唯一の屋外バー

ところでこのベアフットバー、ワイキキで唯一の屋外バーなんです。

他にもたくさんバーはありますが、どれもホテルの中や建物の続きになっています。
しかしベアフットバーは建物から離れた本当の意味での「ビーチサイド」で営業しています。

また、ビーチも含めた公共の場所でお酒を飲むのは法律違反
しかしベアフットバーはれっきとした「飲食店」なので飲んでも大丈夫!

「ハワイに行って海の横にあるバーでお酒を飲んできたよ」なんて土産話もできるかもしれませんね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lishaさん(@lisha.lutke)がシェアした投稿

ベアフットバーのドリンクはプラスチックコップで提供

ハワイではビーチでガラス製の容器を使うことができません
万が一割れて破片が飛び散ってしまうとビーチの利用者が怪我をするからです。

ということでベアフットバーでは全てのお酒がプラスチックのコップに入って提供されます。

少しムードが下がる・・・と思うかもしれませんが、これはこれでカジュアルな感じになっていいと思いますよ♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jonny Walkerさん(@jonnywalk3r)がシェアした投稿

ベアフットバーに日本人はほぼいない

お伝えした通り、ベアフットバーがあるハレコアホテルはアメリカ軍・政府関係者しか宿泊できない特別なホテル。
また、立地的にもワイキキの中心地から少し離れた場所にあります。

こうした条件から、ベアフットバーを利用する日本人客はほぼいません。
(というか、アジア系の人すらほぼいません

日本人に会わない特別なワイキキの時間を過ごしたいならうってつけです!

ロアくん
ロアくん
アジア系の人がいないから慣れるまでドキドキするよな!

ラナちゃん
ラナちゃん
アメリカ人ののんびりしたバケーション気分を味わえるよ。

日本語メニューは当然無し

アジア系のお客さんがいないお店ですから、当然日本語メニューはありません。

と言ってもこちらでは凝った料理を食べたり飲んだりするわけではないですから、英語表記になっていても問題ないでしょう。

どうしても読めなくて困ったらメニューを指差してカンで注文しても面白いと思いますよ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kirstin Bertramさん(@kirstin21bertram)がシェアした投稿

週末にはライブ演奏とヒルトンの打ち上げ花火が楽しめる

金曜と土曜の2日間は地元のミュージシャンによるライブ演奏があります。
ハワイ特有のゆるい雰囲気の中、生演奏を聴きながらゆったりとした時間を過ごしてみてください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kat Rose(@katdrose)がシェアした投稿

また、金曜日はお隣のヒルトンハワイアンビレッジで恒例の打ち上げ花火がありますね。

こちらもしっかり見ることができ、ライブ+花火の特等席とも言えますね。

ベアフットバーのメニューは価格帯が2種類ある

ベアフットバーは通常のお店と違い、メニューの価格が2種類設定されています。

といっても1つは宿泊客(=軍関係と役人、その関係者)専用の特別価格。
ですからわたし達には基本的に関係ありませんね。

特別価格はかなりお得な設定になっていますが、通常価格でも十分リーズナブル。
少し残念な気持ちもありますけど、気にせず楽しみましょう。

基本的なビールとカクテルが揃う

屋外&容器がプラスチック製とはいえ、ベアフットバーも立派なバー。
ビールはもちろん、カクテルも基本的なものはしっかり用意されています。

ここでがっつり飲むということは少ないでしょうから、十分なメニューラインナップですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Brian Wilburさん(@brianwilbur444)がシェアした投稿

ベアフットバーのメニュー

ここではベアフットバーのメニューの一部をご紹介いたします。
訪問前の参考にどうぞ!
(※全て一般価格の表記です)

Beer

  • バドライト(Bud Light)
  • バドワイザー(Budwaiser)
  • ミラーライト(Miller Lite)
  • クアーズライト(Coors Light)
    →いずれも約350ml(12oz.):6.25ドル、約700ml(24oz.):8.75ドル
  • コナ ビッグウウェーブ ゴールデンエール(Kona “Big Wave” Golden Ale
  • コナ ロングボード ラガー(Kona Longboard Lager)
  • ハイネケン(Heineken)
  • ハイネケン ライト(Heineken Light)
  • ギネス(Guinness)
    →いずれも約350ml(12oz.):7.00ドル、約700ml(24oz.)9.5ドル
  • ミケロブ ウルトラ(Michelob Ultra: 7.00ドル)
  • コロナ(Corona:7.75ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

土曜日は15時から浜辺のBarで ライブ聴きながら🍻💞 . #barefootbar #happys #beer #Hawaii #Waikiki #honolulu

K a n o nさん(@kanon_tanigawa)がシェアした投稿 –

Cocktail

  • マイタイ(Mai Tai)
  • トロピカルイッチ(Tropical Itch)
  • ブルーハワイ(Blue Hawaii)
  • ピニャコラーダ(Pina Colada)
  • チチ(Chi Chi)
  • ハワイアンパンチ(Hawaiian Punch)他
    →いずれも10.5ドル
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lara Snydal Mijatovichさん(@larajanepark)がシェアした投稿

Food

  • ポークウイング(Potk Wings:9.95ドル)
  • ナチョス(Nachos Grande:9.95ドル)
  • チーズナチョス(Cheesy Nachos:6.95ドル)
  • スパイシーチキンウイング(Spicy Chicken Wings:9.95ドル)
  • フレンチフライ(French Fries “S size”:3.75ドル、”L size”;4.75ドル)
  • チリチーズフライ(Chili Cheese Fries:7.5ドル)
  • タコボウル(Taco Bowl:7.5ドル)
  • チリ in ライスボウル(Chili n Rice Bowl:6.95ドル)
  • ハワイアンシェイブアイス(Hawaiian Staved Ice:3.5ドル)
  • イタリアンソーセージドッグ(Italian Sausage Dog:7.95ドル)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mary Jane Cadiz Aguisandaさん(@ms_jane78)がシェアした投稿

ロアくん
ロアくん
基本的にフードメニューはスナック(軽食)のみだから気をつけてな。

ラナちゃん
ラナちゃん
おなかいっぱい食べたい!という人にはあまり向かないよ。

ロアくん
ロアくん
それでも満足できる味や量だと思うけどね!

ハワイのバー利用時のルールや注意すること

ここでハワイのバー利用時の注意点について触れておきます。

バーへ行く目的はお酒を飲むことだと思いますが、ルールを知っておくとより安心して楽しむことができますね。

これはもちろんベアフットバー以外のバーでも同じです。

ラナちゃん
ラナちゃん
ご参考にどうぞ♪

ハワイのバーでの注文は担当スタッフへ

まず注文の方法についてです。

スタッフがウロウロしているのにオーダーを取りに来てくれないことがあります。

これはそのスタッフごとに担当するエリアが決まっているから。
自分の担当するエリアでサービスを頑張ってチップ(お給料)を稼いでいるので、むやみに他人のエリアに侵入することはできないんです。

気長に待つか、他のエリアのスタッフに声かけしてオーダーを取りに来るよう伝えてもらうしかないでしょう。

ただし、早く注文してお酒を飲みたいのであれば、自分から中央にあるカウンターへ行ってオーダーすることもできます。
この場合は1回の注文で1ドル程度のチップをチップボックスへ入れておけばOKです。

ロアくん
ロアくん
チップについてはこの記事も参考にしてみてね!

TIPと書かれた小瓶
ハワイのレストランでのチップがよくわからない!?いつ?いくら払うの?渡し方は?全て解決!海外旅行の時に悩むことの1つがチップの存在。 いつ?どうやって?いくら渡すの?など、疑問に思うことっていくらでもあるんじゃないでしょうか。 この記事ではハワイ旅行中のチップについて、全くの知識ゼロの方でもわかるように解説しています。 旅行前や旅行中の助けになれば嬉しいです。...

1回の注文でのドリンクオーダーは1つ

バーでは1回の注文につきオーダーも1つです。(1人につき1つ)
もうすぐ飲み終わる(飲みかけの)ドリンクを持っていてもだめです。

これは2つ以上注文されることで未成年にお酒が渡るのを防ぐためだとか。

注文者(お店へ入る人)は通常ID確認で年齢のチェックを受けますから、チェックから漏れた人にお酒を飲ませられないわけです。

このあたりはアメリカでは徹底されていますね。

ちなみにハワイの飲酒可能年齢は21歳からです!
日本の法律(20歳)とは違うのでご注意ください。

座る席は自分で決めてOK

ほとんどの場合、レストランではウエイターがテーブルへ案内してくれると思います。

しかしバーでは自分の座る席は自分で決めても大丈夫。

すぐに注文できるようにカウンターまたはカウンター近辺の席にしてもよし、海や花火が見えやすい席にしてもよしです。

ただ、カウンターは常連客が占領していることが多いです。
もし空いていても、「ここ、いいですか?」といって座るようにしてみてください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Neia Kowalski(@neia_kowalski)がシェアした投稿

酔っぱらって公共の場へ行ってはいけない

これはバーだけの話ではありませんが、酔っ払った状態で公共の場所へ行ってはいけません。
法律違反で逮捕されます

日本では酔っ払って行くどころか公共の場所でお酒を飲んでいたりしますよね。
(公園、海、電車の中など・・・)

お酒を飲んでも正気を保っていられる程度にしておきましょう。
千鳥足でフラフラあるいていると、即逮捕ですよ!

ラナちゃん
ラナちゃん
アメリカ(ハワイ)っておおらかのように見えて、締めるところは締める!って感じなんだよね。

ベアフットバーのまとめとお店情報

ベアフットバーはワイキキの中心部から少し離れた穴場のビーチサイドバー。
なぜならここは、アメリカ軍や政府関係者しか宿泊できない「ハレコアホテル」というホテルの敷地内にあるからです。

しかしベアフットバーは誰でも利用可能。
利用者は基本的にセキュリティーチェックを受けた人ばかりで、安心感もあります。

フードメニューが揃っているわけではないのでしっかり食事をとるというわけにはいきませんが、抜群の立地と日本人を含めたアジア人のいない空間は普段のワイキキのイメージとは違って新鮮なはず。

いつもと違うハワイの時間を過ごせるベアフットバーを一度利用してみませんか?

ラナちゃん
ラナちゃん
ビーチの目の前にある、ワイキキ唯一の屋外バーというのが最高ね♪

ロアくん
ロアくん
昼間に来てのんびりするのもいいし、週末の夜に来てライブや花火を楽しむのも最高だよ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Loco girl👸🏽🌴🌺(@alohagirl_hawaii)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cherylさん(@chryl1)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🌟Jo🌟(@jojo_katarzyna)がシェアした投稿

お店情報

Address : 2055 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815 Tel : +1 808-955-0555
Open : 10 : 00 am ~ 12 : 00 am
Close : なし
HP : https://www.halekoa.com/dining-drinks/barefoot-bar
(この記事のアイキャッチ画像は公式サイトより引用)
Instagram : https://www.instagram.com/barefoot-bar

女性が4人集まって話をしている風景
女子会特集inハワイ!ワイキキでガールズトークにピッタリな5つのお店!ハワイには雰囲気が素敵だったり、料理が美味しかったり、セキュリティ対策が万全だったりといった女子会にぴったりなお店がたくさんあります。 女子旅でハワイを訪れた際には、今回の記事を参考にお店を選んでみてください♪...
お店でお酒を飲む前の乾杯をしている男性
ハワイ旅行中にお酒が飲みたいならバーへ行こう!ワイキキでお酒を楽しむためのお店6選せっかくのハワイ旅行では、雰囲気のあるバーなどでお酒を楽しみたいですよね。 この記事では、ワイキキにあるお酒を中心に取り扱うお店を6店舗ご紹介しています。 フードメニューについても触れていますので、お店選びの参考にしてくださいね。...
ABOUT ME
ひかる
ひかる
ハワイが好きで、自分で情報サイトを作ることにしました! Instagramを中心に、お店の情報をまとめています♪ お問い合わせはこちらからどうぞ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。